• 一般診療
  • 夜間診療
  • 一般診療
  • 夜間診療

宇都宮市に開院したインターパーク動物病院は、
日中も夜間も受診できる夜間対応動物病院です。
栃木・埼玉・群馬のペット愛好家のみなさまと一緒に、
ペットの健康と安全を全力でサポートいたします。

インターパーク動物病院からのお知らせ

  • インターパーク動物病院フェイスブックはこちら ※手術画像も含まれますのでご注意ください。

アクセスマップ

グーグルマップはこちらから
  • ■高速道路アクセスマップ

    前橋I.C.から関越自動車道、北関東自動車道利用で、約67分
    水戸I.C.から常盤自動車道、北関東自動車道利用で、約45分

  • ■宇都宮上三川インターからのアクセスマップ

プロフィール

■経歴

酪農学園大学獣医学部獣医学科卒業
元ドクターオザワ動物病院入社
元同病院宇都宮分院長
元自治医科大学先端医療技術開発センター研究生
元動物救急センター練馬勤務

■所属

獣医循環器学会
日本獣医救急医療研究会
日本臨床救急医学会会員

■卒業教育

獣医教育・先端技術研究所iVEAT 腹部・心臓超音波検査修了
獣医整形外科AOVET Small Animal Principle Couse 研修課程修了

■ごあいさつ

栃木県宇都宮にて数年、小動物臨床に携わり、とちぎを含む北関東に動物の夜間診療体制を構築すべく開業といたりました。いずれ24時間体制の動物病院を創りたいと考えています。

インターパーク動物病院
院長 和田慎司

■提携病院

重症例、CTあるいはMRIなどの高度画像診断等が必要な場合は動物救急センターへと紹介することがあります。

ER動物救急センター

インターパーク動物病院 院内設備

▲待合室(写真左)と診察室(写真右):コニカミノルタのREGIUS、レントゲン、エコー写真などが見ることができます。実際に、画像を見ながら、検査結果、治療プランと話し合っていきます。

  • ▲入口外観:東側新4号側道から入れます。病院奥の敷地すべて駐車場です。

  • ▲血液CBC検査

  • ▲顕微鏡

  • ▲超音波検査

  • ▲輸液ポンプ

  • ▲血液生化学検査

  • ▲血液ガス分析

  • ▲レントゲン

  • ▲モニター

  • ▲電気メス

  • ▲シリンジポンプ

  • ▲オートクレーブ

  • ▲尿検査

  • ▲ベアーハガー

血液CBC検査(pocH-100iV)
白血球、赤血球、血小板などの項目が測定可能です。
血液生化学検査(ドライケムNX500V)
CRPまで測定可能で、迅速に結果が出ます。
血糖値、肝機能、腎機能、栄養状態などさまざまな検査が可能です。
血液ガス分析(GASTAT mini)
血液のpHを測定します。血液循環動態の評価や重篤な子の輸液調整に必要となります。
顕微鏡(島津製作所)
1000倍まで鏡検可能であり詳細な検査が可能です。
超音波検査(HITACHI ALOKA Avius)
カラードップラーを掲載しており、循環器分野で優れた解像度が得られます。
レントゲン(東芝 VPX-40A)
大型犬まで撮影可能であり、天板スライド式で動物への負担が少なくすみます。
モニター(FUKUDA)
心拍、血圧、酸素飽和度、二酸化炭素呼気濃度、体温が常時測定可能となります。
輸液ポンプ、シリンジポンプ
静脈点滴の際に用いる点滴輸液の機械です。
1時間あたり0.1mlまで調整できる微量点滴にも使えます。
電気メス
止血と同時に切開と行うこともでき、手術中の出血点を凝固できるので出血量が少なくなります。
オートクレーブ
外科器具などの滅菌処理を迅速に行ってくれます。
尿検査
arkray PU4010 微量アルブミン測定はもちろん、A/C比、P/C比算出により随時尿でも精度の高い腎疾患スクリーニングが可能。
ベアーハガー
3M製 体温管理に優れており、外科処置中の保温管理をしてくれます。